本文へスキップ

沢田総研は経済の活性化と創造を地域の視点から積極的かつ総合的に推進しています。

確かな未来へ強力な発想 新しい町政を提案します

         

沢田 哲夫の出版書籍

日本の方向・世界の方向
ノーベル委員会に送付
人類社会永遠の論理  発行年月 :2009.10:2010.03 (第2版)
あなたは生きられますか
大地震による火災が大発生したとき
耐火カプセル
首都圏を大震災から守る革命的新兵器
人類永遠化の論理
ノーベル委員会送付
第1章 二十四年間の思索生活
1 文明社会進化の法則について
2 思索の始まりと過程
3 本稿執筆の決意と動機!
第2章 無知な人類
1 これでも万物の霊長か
2 矛盾は人類自身が作ってる
3 社会中心の思考のみしている人類
4 本末転倒
5 悪循環思考
6 哲学不在
 A. 超歴史的な見方の欠如
 B. 超大局的な見方の欠如
 C. 人口を一面的にしか見ていない
 D. 人類の頭脳の二重構造性
第3章 頭脳で生きる人類に
1 文明と頭脳
2 哲学不在下の科学文明
3 哲学と科学
4 社会科学は飛躍できる
第4章 地球と人類の関係
1 第一の生き方
2 第一の限界
3 第二の生き方へ移行した論理
4 第一と第二の生き方の相違性
5 第一と第二の共通性
6 第二の生き方
  A. 社会にのみ適応している人類
  B. 自然淘汰力を逆淘汰してどこまでいける
  C. 人口の増加にすべてを合わせている人類
  D. 自己運動している社会
  E. 政治先頭の社会
7 第二の限界
  A 人口爆発
  B. 食料問題
  C. 第2の限界の原因
  D. 第2の限界状況
  E.. 第2の限界の本質
8 自然の性質
  A. 安定している自然
  B. 不安定になっていく自然
  C. 生物である人間
5章 第三の生き方
1 統一認識
2 英和先頭の社会
3 シンクタンク
4 教育と情報洪水の終焉
5 合意
6 人類の尊重
7 世界国家
  A. 永遠的に生き詰まらない社会
  B. 戦争のない平和な社会
  C. 平等な社会
  D. 自由な社会
8 労働と余暇
9 日本と世界
 あとがき



バナースペース

株式会社 沢田総研



〒987-0121
宮城県遠田郡涌谷町涌谷字千間江8-1

TEL 0229-42-3417
FAX 0229-43-4345
 

サービス/製品一覧 - 沢田総研